【仮想通貨】KIN(キン)とは?特徴・購入方法を解説

【仮想通貨】KIN(キン)とは?特徴・購入方法を解説

こんにちは!コインインベスターズの小石(@throwsmallstone)です!

今日は1円以下で購入できる草コインKIN(キン)についてまとめました!カナダで流行しているラインのようなチャット型プラットフォームへの導入が決定しているなど、将来性の高そうな草コインです!具体的にどういう仮想通貨なのかわかりやすく紹介します!



スポンサーリンク

【仮想通貨】KIN(キン)の基本情報

通貨名称 KIN(キン)
通貨単位 KIN
最大発行枚数 10,000,000,000,000KIN
現在の発行枚数(2018年1月26日) 756,097,560,976 KIN
公開日 2017年10月31日
公式サイト http://kinecosystem.org/
Blockchain Explorer(取引詳細) https://etherscan.io/token/0x818fc6c2ec5986bc6e2cbf00939d90556ab12ce5
ホワイトペーパー http://kinecosystem.org/static/files/Kin_Whitepaper_V1_Japanese.pdf
公式Twitter https://twitter.com/kin_foundation

KIN(キン)の特徴

その1 カナダのチャットアプリKikでの使用が決定!

KIN(キン)の特徴として、1番に挙げられるのは、カナダのチャットアプリ「Kik」で、決済用トークンとしての使用が決定しているということです。Kikは、カナダ版のLINEのようなアプリで、個人間でメッセージのやり取りを行うことができます。

▼Kik公式サイト

日本語版の2年前にリリースされていますが、すでに日本ではLINEがインフラ化してしまっていたので普及しませんでした。

小石もダウンロードして、やってみたのですが、BOT機能も実装されていて使い方はほとんどLINEと同じような感じでした。

日本ではあまりなじみのないアプリですが、カナダなどの北欧の10代20代を中心に2億人のユーザーをかかえているそうです。また、Kikの企業としての推定時価総額は10億ドル(日本円で1000億円)を超えており、これは日本でいうユニコーン企業「メルカリ」と同等のレベルです。

参照記事:https://forbesjapan.com/articles/detail/9431

それだけ使われている企業のアプリの決済トークンとして導入が決まっていることを考えると、将来性的な価値の値上がりも期待できそうですね!

その2 今後の大規模取引所での取引開始によるゲインキャピタルが見込める

KIN(キン)は、まだごくわずかな取引所にしか上場していません。現在KIN(キン)が上場している取引所は、EtherDelta、COSS.IOなどがあげられますが、そのどれもがあまり知名度が高くありません。今後、バイナンスを初めとする大きな取引所に上場することで、資金が流れ、大きな価値上昇が見込まれます。

その3 日本円で1円以下で買える数少ない草コイン!

記事作成時(2018年1月28日)、KIN(キン)は日本円で1円以下、0.04円で取引されています。1円で20枚も買える状況です。1万円程度の少額の投資でも数ヵ月後には100倍になっていたということも可能性としては、あり得る状況です。

また、運営としてはさすがに通貨のインフレ状態だと思いますので、バーンすることも考えるのではないでしょうか。このままの価格推移で後述する、毎年20%のKIN(キン)の市場への放流を行うと著しい価値の低下を及ぼす可能性があるので、十分に考えられます。



スポンサーリンク

KIN(キン)の懸念点

数年にわたりロックアップしているKIN(キン)が開放される

KIN(キン)の懸念点としては、数年にわたり運営がロックアップしているKIN(キン)を、毎年20%とずつ市場に放出することが決定している点です。市場に出回る仮想通貨の枚数が増えるということはそれだけ、希少価値が低下し、相場も下がります。もともとKIN(キン)は「Kik」アプリ内での決済として使われるため、必要以上に価値上昇することを運営が望んでいないことが考えられます。

これは投資家としては、マイナス材料です。

KIN(キン)の購入方法

KIN(キン)はCOSS.IOで購入可能!

KIN(キン)は海外取引所のCOSS.IOで購入することができます!COSS.IOについては、コインインベスターズでも後日、記事化させていただきますが、待てないという方は下記からメールアドレスを登録することで取引を開始することができます。

 

COSS.IOの口座開設はこちら


スポンサーリンク

まとめ

今回はKIN(キン)についてまとめました!2億を超えるユーザーが使用しているプラットフォームでの使用が決定していることを考えると今後の価値の上昇は期待できそうですね!

アルトコイン情報カテゴリの最新記事