バーン(Burn) – 仮想通貨用語集|コインインベスターズ

バーン(Burn)

バーン(Burn)とは、市場に出回る仮想通貨の枚数を減らすことを指します。仮想通貨を減らす行為を、英語の「Burn=焼却」になぞらえたと言われています。

一般的に運営がバーン(Burn)を行う場合、バーン(Burn)専用のウォレットを用意して、一部の仮想通貨をそのウォレットに入れます。そして、そのウォレットの秘密鍵を誰もわからない状態にすることで、事実上ウォレットからの仮想通貨の出し入れができない状態にします。こうすることによって、市場から仮想通貨が”消えた”という状態にするのです。

バーン(Burn)が行われると、市場に出回っている仮想通貨の枚数が減るので、希少価値が高まります。そのため、投資の判断材料としては好材料になると言えます。

バーン(Burn)を行う理由は様々ですが、総じて仮想通貨の価値を高めて資金の流入を増やすことが大きな目的です。そうすることによって、運営はうまく資金を集めることができ、その資金を元にプロジェクトを進めることができます。

 

用語集一覧はこちら

 

スポンサーリンク