【仮想通貨】COSS(コス)とは?特徴・基本情報・購入方法を解説

【仮想通貨】COSS(コス)とは?特徴・基本情報・購入方法を解説

将来有望そうな仮想通貨を見つけました!

こんにちは!仮想通貨投資、楽しんでますか??小石(@throwsmallstone)です!

今日は、COSS(コス)というマイナー仮想通貨について調べました!こやつ、今流行の海外取引所KuCoin(クーコイン)の独自トークンであるKCSと同様に、持っているだけで配当のもらえるめちゃすごい仮想通貨でした!



スポンサーリンク

【仮想通貨】COSS(コス)の基本情報

通貨名称 COSS(コス)
通貨単位 COSS
最大発行枚数 200,000,000COSS
現在の発行枚数(2018年1月10日) 104,000,000 COSS
公開日 2017年9月25日
公式サイト https://coss.io/
Blockchain Explorer(取引詳細) https://etherscan.io/token/0x65292eeadf1426cd2df1c4793a3d7519f253913b
ホワイトペーパー https://coss.io/documents/coss-whitepaper-v3.pdf
公式Twitter https://twitter.com/cosscrypto

COSS(コス)の特徴

その1 COSS(コス)を持っているだけで配当が得られる!

COSS(コス)は、名前が同じ取引所であるCOSS.IOの独自トークンです。COSS(コス)を取引所で保有しているだけで、毎週日曜日に配当を得ることができます。COSS.IOでの取引手数料や、COSS(コス)での支払いなどで得た運営利益のうちの50%は、COSS(コス)保有者に還元されるようになっています。

現在人気の海外取引所であるKuCoin(クーコイン)の独自トークン「KCS(KuCoinShares)」も配当を得ることが人気の理由のひとつなので、この点で似ていますね!

 

※COSSでもうける人の図

その2 COSS.IO取引所が成長すればCOSS(コス)も成長する!

取引所の独自トークン全般に言えることですが、取引所自体が成長すればトークン自体の価値も自然とあがっていきます。例えばバイナンスの独自トークンであるBNBはすでに時価総額29位まで成長していますし、KuCoin(クーコイン)の独自トークンであるKCS(KuCoinShares)も31位まで成長しています。(記事作成時2018年1月10日)

COSS(コス)もCOSS.IOの成長次第では化ける可能性が大きいです。

取引所であるCOSS.IOについては、後日記事を書かせていただきます!草コインが40種類以上もある取引所なので、将来日本に到来する仮想通貨探しにもってこいですね!

昔、COSS.IOは、チャートが見にくいことでなかなか不人気でしたが、2018年1月9日よりアップデート情報があり、チャートも使いやすくなったみたいですし、成長の兆しは見えてます!

その3 COSS(コス)で、購入・販売・取引のすべてを行うことができるようになる!

COSS(コス)は、Crypto-One-Stop-Solutionの略です。

と言われてもピンと来ないですよね笑

直訳すると、「仮想通貨でワンストップソリューションを提供」です。

COSS(コス)の目的は、COSS(コス)を共通通貨とした、商業用プラットフォームを構築することにあります。商人が商売を行うにあたって、商品登録や、商品管理、販売、取引、決算など、多くのことが必要ですが、それぞれに取引業者が必要なのは大変ですよね。

COSS(コス)は、それらをワンストップで行えるようなプラットフォームの構築を目的に作られています。現在、すでに1000社以上のバイヤーが登録しており、着実に成長しています!

では、具体的にはどんなことを行っているのでしょうか。ホワイトペーパーでは、3つにまとまっています。

画像引用:https://coss.io/documents/coss-whitepaper-v3.pdf

1.コアアプリケーション

これは通常のアカウント管理ツールです。消費者が、アカウントを登録したり、ログインしたりするシステムですね。このコアアプリケーション内でウォレットを管理することもできます。もちろんブロックチェーン技術搭載なのでセキュリティは安全です。

2.支払いゲートウェイ/POS(販売情報管理システム)

これ機能が盛りだくさんで難しいのですが、商品管理やら決済機能やらが付いてまして、ようするに商人が物を販売する際に使用するシステムです。ゾゾタウンのようなECサイトをイメージしていただければ問題ないと思います。

3.取引所

COSS.IOのことです。趣旨としては、「消費者側にも、商人側にもCOSS(コス)のウィレット持たせたんだから、どうせならそれを取引所にくっつけて、他の通貨との売買の流動性あげようぜ」と言うことだと思います。

これのおかげで、海外への商品取引の場合も、安い手数料で取引を行うことを可能にしています!めちゃめちゃ賢い。



スポンサーリンク

COSS(コス)の購入方法

COSS(コス)はHitBTCで購入可能!

COSS(コス)は、COSS.IOの独自トークンですが、まだまだ規模の小さい取引所なのでコインインベスターズでは、HitBTCでの購入をオススメしています!コインインベスターズでは、別記事にてHitBTCの特徴や使い方を解説していますので、興味のある方はご参考ください!

後日、COSS.IOの使い方も記事化いたします!

まとめ

今回はCOSS(コス)についてまとめました!配当制度ありで、しかも取引所の独自トークンの枠を超えて、目的まで存在しているトークンで期待しています!今後のCOSS.IOの成長次第では、BNBやKCSのように化けるかも?

 

COSS(コス)は、現在おすすめ草コインランキング第9位にランクイン中!

おすすめ草コインランキングはこちら

アルトコイン情報カテゴリの最新記事