リング署名とは – 仮想通貨用語集|コインインベスターズ

リング署名

リング署名とは、ブロックチェーン技術にかかせない電子署名の技術の一種で、秘匿性の高い電子署名が可能になるものです。

通常の電子署名の場合、送金者のアドレスを誰もが把握することができます。しかし、リング署名は、通常の電子署名と異なり、送金者が正確に誰なのかわかりません。

下記画像のように通常の電子署名の場合は、送金アドレスを発行している人物と同じ人物が署名をするため、誰からのトランザクションなのか確認することができます。

一方で、リング署名の場合、複数名で一時的な送信アドレスであるワンタイムアドレスを発行し、署名自体も複数名の秘密鍵を組み合わせて署名されます。そのため、「グループの中の誰かのトランザクション」であることまではわかりますが、「誰のトランザクション」なのかはわかりません。

リング署名

このようにリング署名は、通常の電子署名に比べると非常に秘匿性が高いという特徴があります。秘匿性が高いため、プライバシー保護の観点からメリットがあるという声があれば、マネーロンダリングなどに利用されるのではないかという懸念の声もあります。

リング署名は、匿名仮想通貨として名高いモネロ(Monero)などの仮想通貨で使われています。

 

用語集一覧はこちら

 

スポンサーリンク